リナシティかのや(鹿屋市市民交流センター)

情報プラザ

日本宇宙少年団おおすみ分団ブログへ
HOME > 情報プラザTOP > コーナー紹介 > はびたぶるぞーん 宇宙の生命居住可能領域
はびたぶるぞーん

「はびたぶるぞーん 宇宙の生命居住可能領域」


私たちの太陽系以外にも惑星(系外惑星)はあるのでしょうか?。
昔から、たぶんあるだろうとは言われてきましたが、それが観測によって分かったのは1995年です。
2009年頃から観測技術が進歩して、数多くの系外惑星が確認され、地球と似たような惑星もあることが分かってきました。
キーワードは「ハビタブルゾーン」・・・宇宙の中で、生命が生存できる範囲(エリア)のこと。
面白い時代が到来しましたが、それをもっと楽しめるよう、ぜひこの作品をご覧ください。
これからは、人類が太陽系の外に生命を見つける時代かもしれません。


上映日時:
上映スケジュールをご覧ください。
http://www.info.kanoyashimin.jp/dome/index.html

鑑賞料金:
大人200円、高校生以下無料
上映時間:
23分

ナレーション:

春日 了 大谷真純(プラネターリアム銀河座)
制作・著作:
株式会社エーディマック
サウンド選曲・編集:
鷲巣 亘
キャラクターデザイン・アニメーション:
塚田洋子
編集・CGアニメーション:
福留政彦
CG:
藤井 昇


※上映スケジュールは変更になる場合があります。

はびたぶるぞーん 宇宙の生命居住可能領域

太陽系のハビタブルゾーン 太陽系のハビタブルゾーン
地球の他にもハビタブルゾーンの条件を満たす星はあるの?







銀河のハビタブルゾーン 銀河のハビタブルゾーン
私たちの天の川銀河の中にも、生命が居住する条件があります。
その視点で考えると、私たちは銀河の中の住みやすい場所にいることが分かります。






 宇宙にはどのくらい生命が?文明は? 宇宙にはどのくらい生命が?文明は?
天の川銀河や宇宙にはどのくらいの数の生命がいるのでしょう?
その生命が文明を持つ可能性は? 物から生命が生まれるとは?そもそも生命って何?





宇宙人との交流 宇宙人との交流
遠く離れた宇宙人に直接出会う可能性は低いのでしょうが、電波による交流の可能性は? はびたぶるぞーん!







お問い合わせ先

リナシティかのや(鹿屋市市民交流センター)情報プラザ 指定管理者(株)まちづくり鹿屋

TEL 0994-35-1002 FAX 0994-43-0744